温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

タヌキとムジナ

f:id:hidechan3659:20190318164307j:plain

f:id:hidechan3659:20190318164432j:plain

f:id:hidechan3659:20190318164532j:plain

  タヌキ

f:id:hidechan3659:20190318164621j:plain

  アナグマ

 僕の少年時からタヌキとムジナ、アナグマは同種として分類されていたが、僕は「違う」と反論を持っていた。

 ムジナは人に対していたずらは仕掛けても危害を加えない、どちらかというと愛嬌のある獣だと思っていた。

僕が中2の夏休みだった。昨夜から隣町に酒を飲みに行った青年が朝になっても帰ってこないということで、村中の人が集まって捜索にでた。そんな中、青年がケガもなく元気に、ひょっこり帰って来た。「どうしてたんや」家族の詰問に、青年は「わからん」と言ってポツポツと話をした。

隣町で酒を飲んだ青年が峠を越えて家へ帰ろうとしたが灯を忘れてきた。

わずかな月明かりの道路を峠にかかったとき、4,50メートル先を人が歩いていたので追いついて2人で峠を越えようとしたが、いっこうに追いつくことができないまま、その後の記憶をなくしていた。朝、気づくと峠のトンネル出口の上で寝ていた。一回寝返りをすると下の道路に落ちるトンネルの縁であったのだ。ふしぎなのは、そこへ行くには広い道路から獣道のような旧道へ上らなければならないし、自分から行くはずがない。

「前を歩いている人が、フーンフンと鼻歌を歌っていた」と青年が思い出したとき、捜索に加わっていた老人が「そりゃータヌキだよ、タヌキだからいたずらだけでケガをさせずに帰してくれたんだ」と言い、「タヌキに抓(つま)まれたんじゃしかたない」皆が笑って解散したことがあった。(この項は本編に記述済み)

 あの時、解散しての帰りに村で猟をしているおじさんが「タヌキとムジナは全く違う獣だ」と言っていた。タヌキなら危害を被ったであろうし、鼻歌を歌うのはムジナだ。とも言っていた。

20年ほど前に購入した本、「羆(ひぐま)吼(ほ)ゆる山」(著者今野保 中公文庫)を読み直していると。その中にタヌキとムジナの違いが明確に記述してあった。

「タヌキとムジナは、一般には同一の獣とされるが、日高の奥地にいるタヌキは太い尻尾を有し、この尻尾が根元から切断されたようになっているのがムジナである。タヌキの尻尾の長さは30センチほど、これにたいしてムジナは10センチに満たない。体色、体型には両方ともほとんど変わりないが、体の大きさはタヌキの方が大きく、ムジナはほぼひと周り小さかった」とある。

 また世間でよく使われる「タヌキ寝入り」についても、「アイヌ漁師沢造が小屋の少し上の、ヤマブドウの蔦を用いて仕掛けておいた罠にムジナがかかっていて、ポンポンと跳ねているのが目にとまった。佐造が近づくと、これがまたとぼけた奴で、コロリとその場にひっくりかえり、足に掛かっている罠を外してやっても走りだそうとせず、いや、横になったままピクリとも動かず、そのくせ目玉だけは大きく見開いてギョロギョロさせている。そこで沢造は、もう一度罠でその足を挟んでからそこを立ち去り、やや離れた木蔭に体を隠して、そっと見ていた。やおら立ち上がったムジナは、なんとかして足の罠を外そうと、またポンポンと跳ねだした。

 人が見ていないところでは懸命になって罠を外そうとするのだが、人の気配を感じるとすぐに死んだふりをするのである。これにたいして、タヌキは体型も毛の色もムジナと同じに見えるが、罠に掛かると死んだふりどころか歯をむき出して反抗するものが多い。尻尾の長短のみならず、こんな性格の違いからタヌキとムジナは別の獣である、と沢造は言う。

 立木の蔭から、跳ねるムジナを見ていた沢造は「エヘン」と大きく空咳を送ってやった。ムジナはあわてて、またもやゴロリと横になり、動かなくなった。それを見て思わず吹き出した沢造は、一気にムジナの息の根を止めてしまった」

 この「タヌキ寝入り」について世間一般の書では「タヌキが気絶する」とあるが、アイヌ猟師の沢造によれば「寝たふりをしているだけ」ということになる。 

 僕の考えていたようにタヌキとムジナは全く異種の獣であった。ただ、ムジナはアナグマのことだという説もあるようだが、これについてはよく分からない。

 

2017年春、実家の菩提寺へ墓参するため最寄駅から里山の峠道を歩いていると、ほんの目の前、5メートルほどの空き地でタヌキが餌を探していた。僕の存在を知らないはずはないが、まったく無視していた。彼らにとって人間は怖れるに足りない存在になっている。

 尻尾を見ればタヌキかムジナか分かるような気がするが、写真を見ても尻尾は写っていなかった。

 ともあれ、僕のふるさとではタヌキ、ムジナを明確に区別することなくタヌキとしていた。そのときどきによって、タヌキと言ったり、ムジナと呼んでいたのである。

無駄な話をしたようだ。