温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

トロッコ

f:id:hidechan3659:20190111172038j:plain



「ええところ見つけたで」

 夏休みのある日、次兄が僕に耳打ちした。次兄が中2で僕が小4のときだった。

「なんや」

「トロッコや、あれは気持ちいいで」

「どこや」

「ちょっと遠いけどな、道路を広げるため、今の道の横の谷を埋めているんや、あすこにあるで、日曜日は休みで誰もおらん」

 次兄の言う場所までは30分ほどもかかる村境にあった。そんなところまで遊びに行ったということが信じられないぐらいだ。

 村でも評判のわんぱくグループであった次兄らは遊ぶのも広範囲だった。僕らは家(自宅)の見える範囲で遊んでいたが次兄らは隣村へでも遊びに行っていた。

「こんどの日曜に連れて行ってやろか」

 めずらしく次兄から誘いがきた。

 次の日曜日、昼ご飯が過ぎてから家をでた。僕らの集落を抜けてさらに隣の集落も通り過ぎると、村道は山の坂になり大きく曲がって上っていった。

 大曲を上った右手の谷を埋めて直線的な道路を造っている工事現場があった。そこにトロッコが一台止まっていた。次兄グループが走ってトロッコに取り付き、村道のすぐ下まで押し上げてきた。

「乗れ」

僕とY君を乗せて次兄がトロッコの箱の後ろに立った。

「ええか」

次兄のグループが後ろから押した。

少しずつ動いていたトロッコが下り坂に入ってスピードを上げた、押していたグループは手を放して立ち止まった。

ゴー

轟音とともに、ものすごい風が顔に当たった。

「うわー、うわー」

 ものすごく早いと感じた。30メートルほどのレールが「あっ」という間に終点に近づいた。

 切れている道のその先に、このまま飛び込むかと思った、そこは深い谷だ。

「うわー、落ちる」

 僕とY君は目を瞑ってトロッコにしがみ付いた。

 トロッコは車止めにドンとぶつかって止まった。次兄が箱の後ろに付いているブレーキ棒を足で蹴ってブレーキを掛けたが、僕らを怖がらそうとする魂胆があったから最後の最後までブレーキを掛けなかったのだ。

「どうだ、恐いやろ」

 次兄の顔が得意満面であった。

「もういちど乗るか」

「いや、もういい」

 僕とY君の両足が震えていた。

「なさけないやつだ」

 次兄の顔が勝ち誇っていた。

 次兄らのグループはまだ乗るらしい。何回も押し上げてトロッコに飛び乗り歓声をあげながら下って行った。僕らは少し離れた場所に座って観ているだけだ。

 次の日曜日、次兄らのグループ3人はトロッコのところへ出かけて行った。

 もう僕らは行かなかった。

 数時間後、次兄グループが、ずいぶん早い時間に帰ってきた。

「おまえ、行かなくてよかったぞ」

 次兄が首をすぼめた。

「調子よく乗っていたらな、上の道を車で通りかかった工事の人に見つかってな。こらーって怒りながら走ってきたで、おれらは一目散で、山の中に逃げ込んだよ。工事のおっさんらは山の中までは追って来んけえ」

 それでも道路には出ず、山の中をたどって家まで帰って来たと言った。距離的には道路を歩くのと同じぐらいだ。

「そんでもな、本当に怒った人間は飛び上がるもんだな」

 次兄が両手をあげ両足を開いて飛び上がった。怒った人のまねをしたのだ。

次兄は叱られたという気はない、うまく逃げたと自慢した。