温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

小魚のすり身

f:id:hidechan3659:20180528220048j:plain

f:id:hidechan3659:20180528220138j:plain

母の言いつけで隣町の魚屋へスリ身を買いに行った。

隣町へ行くには片道3キロほどしか距離はないが、自転車に乗ったままでは越すことのできない坂道を往復しなければならない。

嫌だが行かなければ僕の好きな鍋ものを食べることができない、しぶしぶ自転車を走らせた。

「すり身をください」

 店内で他の客に売った魚を調理しているおばさんに言った。

「金魚しか無いがいいかね」

 金魚とはこの地方の方言で「ヒメチ」のことだ。

「鱗はどうするんですか」

「そのままでいいよ」

「それでいいです」

 支払いを済ませてから、皿に盛りつけた金魚を一皿とって店先に設置してあるスリ身器のところへ持って行った。祖母と何回か買ったことがあるのでやり方は分かっている。

「横に包みがあるからね」

おばさんは調理中の手を休めることなく僕のすることを見ている。

「一度にたくさん入れないでね」

体長5センチほどの金魚を手でつかんで、丸ごと内臓も入ったまま一匹頭から朝顔のような形をした投入口に入れてハンドルを手で回すと、前方の穴からムニュムニュとスリ身が出てきた。

受け皿に盛り上がったスリ身を、ヒノキを薄く剥いで作った経木の包みものに載せて、両端を折り曲げながら包み込んだ。おばさんは僕からそれを受け取り、新聞紙で包装して手首に撒いている輪ゴムを1本とって止めた。

 家へ帰り着くと鍋の用意が出来ていた。

「ヒメチしかなかったで」

アゴ(トビウオ)かイワシが良かったんやけどな、無いならしかたない」

母は包みをほどいて大さじで器用に丸だんごを作って鍋に入れた。

「鱗はどうしたんや」

 母がすり身のだんごを一つ口に入れて吟味していたが舌では分からないらしい。

「丸ごとそのままやで」

「焼いて食べるときも鱗はついたままやしな」

 母が納得し、

「うまいな」

 祖母も始めて食べる金魚のすり身を気に入ったようだ。