温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

裸足

f:id:hidechan3659:20180415113213j:plain

f:id:hidechan3659:20180419142302j:plain

 昭和二十六年(一九五一)四月、新しいランドセルを背負いズック靴を履いて村の小学校へ入学した。

 ズック靴は一年で破れ、後はゴム草履かワラ草履で通学した。高学年になると下駄での通学が多かったがいずれも素足である。

 ズック靴のときも素足に履いていた。

 学校に着くと上履きの草履に履き替えた。

 雨降りの日は素足のままゴム長靴を履いていた。

 大学を卒業したばかりの男先生は、二つ離れた駅から紺の背広を着て素足のまま高下駄で通勤していた。下駄も靴と同じように正装用として履くことの出来る履物であった。

 卒業記念の撮影でも先生は背広に下駄姿で写真に収まっている。

 冬は黒足袋(くろたび)を着けて長靴や下駄を履いていた。

 校内で先生は革靴を改造したスリッパを履いていたので底がぶ厚く、パタンパタンと大きな音がしていた。教室にいてこの音が近づいてくると皆が自分の席に着いた。

 当時はハンカチをポケットに入れる概念はなく、先生の腰の右後方ベルトに挟んだ手ぬぐいが長く垂れさがっていた。

 上級生になった男児は先生と同じように下駄で通学し、手ぬぐいを腰の後ろにぶら下げる者もいたが足が短いのだから似合わない、これは大人のスタイルであった。

 運動場で体操をするときは先生も生徒と同じ裸足になり、教室に上がるときは玄関脇の洗い場で足を洗った。

 体育館でも裸足だ。

 運動会も全員が裸足だった。

 家では真冬でも裸足だった。

 外に出るとき冷たい雨や雪の日はゴム長靴を履いたが、それ以外は黒足袋を着けて草履や下駄で遊んだ。

 夏、川の中で遊ぶときも草履を脱いで裸足で走り回った。それでも痛くもないしケガをすることもなかった。足の裏は草履を履いているごとく強靭だった。

 ただし、夏に田んぼへ行くときや山に入るには毒蛇のマムシに噛まれる危険があったので長靴を必ず履いて行った。田んぼへは畦道に長靴を置いて裸足で入った。