温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

ヤギミルク

 中学生のころ、近所に来たお嫁さんの母乳が出ないため、ヤギの乳で赤ちゃんを育てているということを聞いた。

「ヤギの乳?飲めるんか」

 ヤギを飼っている同級生のH君に聞いた。

「牛乳より栄養があるんだぜ、俺の家(うち)でも乳を飲むために飼っているんや」

 意外だった。ヤギは犬や猫のようにかわいいから飼っているとばかり思っていたのに、乳を飲むためだったとは。

「粉ミルクがあるやろに」

「母乳が出ない人は昔からヤギの乳と甘がゆ(甘酒)を飲ませているんやで、粉ミルクなんか飲ませられるか危ないよ」

 当時は森永砒素ミルク事件が起きたばかりである。毒物の混入した粉ミルクを飲んだ赤ちゃんが大勢亡くなっていた。

「ヤギの乳の方が安全だ、ただ、ちょっと青臭いがな」

 H君も飲んだことがあるらしい。

「今度、持ってきてやろうか」

「いや、いらん」

 僕は飲んでみたいとも思わなかった、やはり牛乳の方がましだと思った。