温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

紅葉のころ

 

f:id:hidechan3659:20180223112957j:plain

 

 生まれたときから住んでいる僕にとって春には桜が咲き、秋に山が紅葉するのは当たり前のことであって花や紅葉を愛でるという気は起きなかった。

 だが、年によっては土手に咲き誇った桜を、黄色に染まった山を見て「きれいだな」と思うことがあった。

 そんなとき僕は水彩画を描いた。