読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉津町福光・遥かなる故郷

僕の少年時代(昭和20年から30年代)の思い出

履物(はきもの)

f:id:hidechan3659:20160906171625j:plain

   絵・わら草履

f:id:hidechan3659:20160906171652j:plain

    絵・布草履

 小学校の上履(うわば)きは藁(わら)草履(ぞうり)だった。
 女の子は赤い布、男の子は青い布を織り込んで、それぞれが工夫した草履だった。
 ぼくのは、祖母が藁の間に青い布きれをはさんで、きれいに作ってくれた。
 祖母は、ときどき筍の皮で草履を作った。筍の皮は硬くて造作がむずかしいので祖母しか作れなかった。学校に持っていくとめずらしがられ、また、羨(うらや)ましがられた。
 寒いときには黒足袋(くろたび)を履き、暖かいときには素足のまま履いていた。
 冬の黒足袋は内部が柔らかいネルになっていて、あたたかく履きここちもよかった。

 外ではゴム草履を履いていた。今では海水浴にいかなければ見ることもできなくなったが、ゴム草履が一番強いため通学にも履いていた。
 雨の日の通学にはゴム長靴があったが、冬以外は下駄(げた)やゴム草履を履いていた。
 冬はゴム長靴でも足が冷たいので、中に藁(わら)を詰めた。これが意外に暖かい。